肥満やダイエットは身長の伸びの妨げになります。

体脂肪にはレプチンなど健康に欠かせないいくつかの善玉ホルモンを出していますが、子供があまりにも肥満だと、体に悪い影響のある悪玉ホルモンが出てしまいます。

 

そしてその悪玉ホルモンは成長ホルモンの分泌を阻害することが分かっているのです。
ですので、過度の肥満は身長の伸びの妨げになりますので、気をつけてくださいね。

 

とはいえ、もともと子供には体脂肪が付きやすいものですので、多少の肥満では問題ありません。
身長が伸びることで、自然に痩せていくケースもありますので。

 

しかし、ダイエットによる痩せすぎは問題です。

 

痩せすぎていると身長が伸びなくなってしまう

痩せが原因で身長が伸びなくなってしまうことは十分あります。

 

痩せているという事は、体が飢餓状態になっているということですので、身長を伸ばすことより生命を維持するほうに栄養を最優先することになるのですね。

 

ですので、成長期に無茶なダイエットを行うと身長を伸ばすことはできません。

 

また運動量が多くて痩せている場合は、おにぎりやおやつ等で補食して栄養を補給してくださいね。

 

特に最近では女子の体脂肪率が低い傾向があります。

 

身長の問題もありますが、成長期に体脂肪が低すぎると、女性ホルモンの分泌も悪くなってしまいますので、初潮がなかなかこなかったり、将来不妊症になったり、骨粗しょう症になったりする恐れもあります。

 

ですので、成長期の女子のダイエットには特に気をつけましょうね。

 

間違いだらけの身長サプリ!プロが選ぶ身長サプリはこれ!