まだ身長が伸びるのかは、レントゲンを撮ると分かります

よく怪我をして整形外科でレントゲンを撮ってもらったときに、お医者さんから「まだ身長は伸びますね!」と言われた方もいるかと思います。

 

実はお医者さんはレントゲンを撮った時に骨にある骨端線を見てそう言っているのですね。

 

骨端線が伸びて身長は伸びている

そもそも身長が伸びるという事は、骨のどこの部分が伸びているかご存知ですか?

 

骨の端っこの関節部分が伸びていると思っている方も多いかと思いますが、実は違っていて、骨の途中にある骨端線が伸びているのです。

 

レントゲンで骨を撮ると白く見えますけど、骨端線は軟骨ですので黒く見えるんですね。

 

そして成長期が終えると骨端線は無くなり全て骨へと変わりますので、レントゲンで撮っても黒く見えることはありません。

 

お医者さんがレントゲンして「まだ背が伸びるね」と言われたのは骨端線が見えたという事なんですね。

一般的な外来では骨端線の検査は行っていません

あとどのくらい身長が伸びるのかを知る方法の一つとして、レントゲンで骨端線を見る方法がありますが、原則、整形外科や小児科では検査しておりません。

 

あくまでも怪我をしたついでに骨端線についてお医者さんがお話ししてくれる程度なんですね。

 

なので、「いつまで身長は伸びるのか?」が気になる方は、学校で測定する身長の記録をつけて、いつスパート期がくるのかを見極めて、しっかり生活することがとても重要です。

 

間違いだらけの身長サプリ!プロが選ぶ身長サプリはこれ!