中学生・高校生の身長を伸ばす方法【お母さん必見】

中学生・高校生のお子さんを持つ方で、周りの友達より身長が低いと心配されていませんか?

 

中学生・高校生の時期は成長期の真っ最中ですので、ここで身長が伸びなければ、これから先身長が伸びることは絶対にありません!

 

ですので、最後のチャンスであるこの時期に正しい方法で身長を伸ばす努力を実践していきましょう。

 

どうして身長が伸びるの?身長が伸びるメカニズムとは?

 

子供の骨には骨と骨の継ぎ目に「骨端線」という部分があります。

 

「骨端線が伸びることで身長が伸びる」というメカニズムなんですね。

 

そして大人になるとこの骨端線が完全になくなりますので身長が伸びることは無くなります。

 

骨端線を伸ばすには成長ホルモンが関わってきます。

 

そして成長ホルモンの分泌に大きく関わってくるのは、睡眠と栄養と運動の3つが大きく関わってくるんですね。

 

成長ホルモンの分泌を最大化させる方法とは?

 

運動して成長ホルモンを分泌させる

まずは運動です。

 

運動することで成長ホルモンを分泌させることが出来ます。

 

特に腕立て伏せや腹筋などの筋トレをすることで、成長ホルモンの分泌を促すことが出来ますので、毎日筋トレをすると良いかと思います。

 

睡眠をしっかりとって成長ホルモンを分泌させる

 

なぜ睡眠が大事かと言いますと、睡眠中に成長ホルモンは大量に分泌されるのです。

 

ですので、睡眠時間が少ないと成長ホルモンの分泌も少なくなってしまいますので、身長の伸びも不足してしまいます。

 

中学生・高校生にもなると学校の帰りも遅くなりますし、スマホやテレビの影響もあって睡眠時間が少ない子が多いです。

 

身長を伸ばしたいのであれば、「寝る前にスマホを触らないこと」「寝る2時間前には食事を終わらせていること」「寝る1時間前にはお風呂に入っていること」これらがとても大事ですよ。

 

栄養をしっかりとって成長ホルモンを分泌させる

 

実は1番大事なのは「栄養」なんですね。

 

運動や睡眠も大事なのですが、そもそも栄養が不足していれば、どんなに運動しようが1日10時間睡眠をとろうが、成長ホルモンの分泌が不足してしまいます。

 

栄養をしっかりとることで、運動中に成長ホルモンが分泌しまうし、睡眠中にも成長ホルモンが大量に分泌します。

 

ですので、身長を伸ばすには特に「栄養」を意識して生活しましょう。

 

【重要】身長を伸ばすのに必要な栄養の間違いについて!

凄く大事なことなので、絶対に覚えて頂きたいのですが、身長を伸ばす栄養と言うと、「カルシウム」「アルギニン」と思われる方が多いのですが、これは正確な情報ではないんですよね。

 

確かにカルシウムやアルギニンが不足してしまうと、身長の伸びは悪くなってしまいます。

 

ただ、カルシウムやアルギニンを十分に摂取していたとしても身長の伸びは悪くなってしまうんですね。

 

大事なのは、「バランスよく摂取すること」なんですよ。

 

身長を伸ばすのに必要な栄養は50種類以上あります。
なので、カルシウムやアルギニンだけを多く摂取してもダメなんですよね。

 

【重要】なぜセノビルを飲んでも身長が伸びないのでしょうか?

 

身長を伸ばすのに必要な栄養は、まずビタミン・ミネラルなどをバランスよく摂取することです。

 

ですので、緑黄色野菜などはしっかり食べたいですね。
たんぱく質も大事なので、毎日お肉やお魚を400gは食べて頂きたいです。

 

ただこれだけの量を毎日食べることは現実的に厳しい面もありますので、身長サプリで不足しがちな栄養を補助するのは賢い方法です。

 

身長サプリの選び方なのですが、「バランス」を考えた身長サプリを飲めばまず間違いないです。

 

間違いだらけの身長サプリ!プロが選ぶ効果の高い身長サプリはこれ!

 

まとめ

中学生・高校生の時期は身長が伸びる最後のチャンスです。

 

「ちょっと周りの友達より身長が低いかも?」と思った時は、早めに対策すると良いですよ。