成長期に必要なカルシウムを多く含む食品はこちら!

成長期なのに、カルシウム不足の子供が多いと聞きませんか?

 

牛乳や魚などカルシウムが多く含まれる食品はたくさんあるのですが、「子供が食べてくれない」など頭を悩ませている親御さんも多いはずです。

 

そこでこのサイトでは、成長期の子供に食べさせてあげたいカルシウムを多く含む食品を紹介したいと思います。

 

・食べやすさ
・調理のしやすさ
・保存性の高さ

 

上記の3点に着目して選びましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

 

チーズ

 

食品の中でもたっぷりカルシウムを含み、更にダントツのカルシウム吸収率を誇るのが「乳製品」です。

 

そして特に今回オススメなのがチーズです。

 

チーズを作るにはたくさんの牛乳が必要で、牛乳の水分を除去してぎゅっと凝縮して作られているんですね。

 

栄養的にどういう状態かと言いますと、たったチーズ20gの中には牛乳200mg分の栄養素が含まれていることになります。

 

牛乳200mgは約コップ1杯分の牛乳なのですが、チーズ20gで牛乳と同じ分だけの栄養が摂れるんですね。

 

子供の身長に悩んでいたら、積極的に食べさせたい食品ですね。

 

ひじき

 

ひじきはカルシウムが豊富に含まれていますが、カルシウムの吸収に役立つマグネシウムも豊富に含まれているんです。

 

さらに、鉄分やその他のビタミン類もバランスよく含まれていますので、すごく優秀な食材なんですね。

 

ひじきの煮物はお弁当にもいれやすいですし、作った際に一食分ずつ小分けにして冷凍保存もできますので、非常に役立つ食材です。

 

もし、「うちの子供はひじきの煮物が嫌いで・・・」という場合は、ちょっとした工夫をすればOKです。

 

ハンバーグやお好み焼きに入れたりすることで、味を気にすることなく食べることが出来ますよ。

 

豆腐

 

豆腐は「食べやすさ」と「調理のしやすさ」でいえば1番にオススメしたい食品ですね。

 

チーズやひじきに比べたらカルシウムの含有量はおとりますが、豆腐は色々な料理に使うことが出来ますので、量でカバーすることが出来ます。

 

お味噌汁に入れてもいいですし、夏場は冷奴として食べてもOKです。

 

サラダに入れたり、麻婆豆腐にしたりと色んな調理方法がありますので、毎日食べても飽きにくいかと思います。

 

 

子供の身長を伸ばすには、料理の一工夫が大事!

 

身長を伸ばすサポートが出来る時期は、限られた期間だけですので、親御さんは毎日の食事でサポートしてあげましょう。

 

忙しい方でも、「チーズ」「ひじき」「豆腐」は食べやすく調理しやすいものですので、それぞれを組み合わせれば毎日食べることが出来るかと思います。

 

子供の身長を伸ばすには、バランスよくしっかり栄養を摂らせることが必要ですので、ぜひこれらの食品を参考にしていただけたらと思います。

 

間違いだらけの身長サプリ!プロが選ぶ身長サプリはこれ!