睡眠時間を多くとると勉強が遅れないですか?

背を伸ばすのに睡眠時間をしっかりとるのが大事だとは分かったのですが、寝てばかりだと勉強が遅れるのでは?と考えてしまいます。睡眠時間と勉強時間についてはどう考えればいいのでしょうか?

勉強についても睡眠時間をしっかりとることが大事なんですね。

 

午後11時から午前2時の間に成長ホルモンの分泌があるのですけど、それが終わると脳は記憶の整理をする時間帯に入ります。

 

学校で勉強したいろいろな情報は、寝る前は脳内でごちゃごちゃしているんですね。

 

今日覚えた情報は、睡眠中に脳内で整理整頓されて記憶として定着されます。

 

十分に睡眠時間を確保することで、情報は脳の中で整理されます。
そして、次の日から新しい情報をどんどん入れることが出来るのです。

 

なので、睡眠時間が短いと、この記憶の整理整頓の作業が終わらないのです。

 

寝ないで勉強を頑張るお子さんがいますが、実は逆効果で、学んだ学習をしっかり記憶させるには9〜10時間の睡眠時間が必要になるのです。

 

ちなみに、学習面だけではなく、睡眠不足のスポーツ選手は怪我しやすいことが医学的にも分かっています。

 

睡眠時間が不足しているために、成長ホルモンが十分に分泌されず、筋肉など体の細胞がしっかりリニューアルできないのです。

 

睡眠が十分にとれていなければ、せっかくの努力も無駄になりますので、勉強も大事ですが、がんばる前に睡眠をしっかりとることが大切なのです。

 

たっぷり睡眠をとっていれば頭もスッキリしますので、勉強もどんどんはかどりますし、スポーツでのパフォーマンスも格段に上がります。

 

睡眠時間は「ただ休んでいる」のではなく、脳を育て、体を育てるのに大切な時間だという事を理解しておくと良いですよ。

 

間違いだらけの身長サプリ!プロが選ぶ身長サプリはこれ!